HOME > 工業用オゾン&マイクロバブル

マイクロバブル発生器 BT-50

BT50は向心力によって形成される負圧軸が上記器体に
接触しないため、キャビテーションによる器体の損傷がありません。
旋回流の生成における流体の摩擦損失が低い為に最小限に抑えられるため、高効率、高密度のマイクロバブルが形成され、省エネルギー化がはかれます。
bt-50マイクロバブル発生器マイクロバブル発生原理です。気液混合水からマイクロバブルを発生させます。
※負圧軸より気体を自吸することも可能

気体をオゾンにすればオゾンマイクロバブルになります。
特許第3682286号
マイクロバブル発生器BT-50は、気液混合水を器体内へ送り込む以外に、左写真のデルタ弁にチューブを接続することにより気体を自吸させることが可能です。特にオゾンマイクロバブルの場合は、他のマイクロバブル発生器と比べ簡単です。
デルタ弁接続は内径4mm程度のシリコンチューブもしくはブレードホースでOKです。
お風呂でマイクロバブル使用例
お風呂でマイクロバブルを簡単に発生させてマイクロバブル浴を楽しむ。シャワーヘッドをワンタッチジョイントで接続すれば、簡単にBT-50を浴槽で利用出来ます。

ポンプを利用しないので白濁がキープされませんが、高価な機械を入れなくても楽しめることが出来ます!







UVランプ式オゾナイザー

オゾンマイクロバブル生成用途に最適なオゾナイザー

マイクロバブル発生器BT-50は0.2Mpa以上のポンプ水圧で利用をお薦めしております。毎分10~15Lの水量で気体吸込み量は200~300cc/分程度です。
UVランプ式オゾナイザーは、エアポンプを内蔵していません。BT-50は水を供給するとエアを自吸しますのでポンプが不要の為です。濃度100ppm前後のオゾンガスをマイクロバブル化させることが可能となります。
最大利点は少量のオゾンガスを利用することが可能となり、牡蠣の殺菌に関しては、高濃度オゾンの場合、吸込みしないため逆効果ですが、低濃度オゾンマイクロバブルであれば、呼吸をします。
オゾン水では水自体が殺菌対象物に入り込めなくてもオゾンマイクロバブルでは対象物に当てることが可能となります。
サイズ:縦230×横140×奥行き80mm 重量2.5kg 壁掛け式

簡易実験

下記は低濃度オゾンをシャワーでマイクロバブル化させたものでテストを行いました。

オゾンシャワーで大腸菌殺菌テスト結果

器具等を除菌する場合は、1ppmのオゾン水を利用しますが、低濃度オゾンをマイクロバブルにすることにより対象物への除菌効果が増加します。通常、水には表面張力があり、疎水性のものには馴染みませんが、マイクロバブル化により対象物への直接的な働きかけにより除菌効果が発生すると考えられます。



用途

カット野菜の除菌効果の評価、牡蠣の除菌効果の評価、排水処理での評価、介護入浴、水産関連、養殖関連など

CODに関して

【排水処理】
水の汚れの指標でCODがあります。COD処理とは酸素【O】とのやり取りです。次亜塩素酸ソーダの場合、次亜塩素酸ソーダの分子量74.5gの内、有効酸素の原子量は16gです。よってCODを1mg低減する為に必要な次亜塩素酸ソーダ量は74.5÷16=4.7mgが必要となります。
オゾンの場合 オゾンの分子量48gの内、有効酸素の原子量は16gです。よってCODを1mg低減する為に必要なオゾン量は。48÷16=3mgが必要となります。

【例】CODが50mg/Lの1000Lの排水を処理する場合に、必要な酸化剤量は?
・次亜塩素酸ソーダの場合
50×4.7×1000÷1000=235g/Lの純分が必要となります。
・オゾンの場合
50×3×1000÷1000=150g/Hのオゾン発生量が最低必要となります。このオゾン発生量があるオゾナイザーでは、コストが見合いません。

牡蠣の殺菌に関して

【キーワードは海水とオゾン】
牡蠣の殺菌に関して、オゾンマイクロバブルが有効と見かけます。ぜひオゾンマイクロバブルをご検討下さい。

溶存酸素に関して

【マイクロバブルと溶存酸素】
溶存酸素が少ない水と窒素の過飽和状態の水では異なります。窒素の過飽和水にマイクロバブルを注ぎ込んでも溶存酸素は中々上昇しません。そんな時に手軽に過飽和水から空気成分の状態に戻すのが、FBT50Sです。

オゾンに関して

オゾン濃度は、気相と液相では同じppmが使われますが、中身は異なりますので注意が必要です。
気相オゾン濃度は体積比となり、液相オゾン濃度は重量比です。
オゾン発生量との比較
気相中オゾン濃度を空間1m3において1時間で1ppmにする場合
→1ppm×48g/mol÷22.4L×1m3/h=2.14mg/hのオゾン発生量が必要

オゾン出口濃度1ppmで風量0.5m3/分の装置で1時間稼働した場合のオゾン発生量
→1ppm×48g/mol÷22.4L×30m3/h=64.2mg/hのオゾン発生能力のある装置となります。

液相中オゾン濃度1ppmの場合
→1L/min×1mg×60min=60mg/hのオゾン発生量が必要

※温度等は省略して、単純な計算です。
同じオゾン濃度1ppmでも上記通り、気相と液相ではオゾン必要量が全く異なります。
ちなみに弊社でご提案している工業用空気殺菌のオゾン濃度目安は1ppmです。
機器選定でオゾン発生量に注目しがちです。例えるならば同一濃度の塩素が1kgと10kgの容量違いとなります。1Lの水を残留塩素濃度1ppmにする場合、12%濃度の塩素を注入する量は0.007ml/Lです。
12%濃度の塩素1kgで残留塩素濃度1ppmにすることが出来る水量は、約12,000Lです。10kgの塩素では単純に10倍の水量となります。
ではなぜオゾンに至っては、オゾン発生量に注目するのでしょうか?答えはオゾンは水に簡単に溶解しない為、量でカバーしようとしているのです。量でカバーする弊害は、未反応オゾンが(余剰オゾン)周囲環境に影響します。
ポイントは、オゾンガス濃度とガス量です。